イミダペプチドの効果・効能「どんな良いことがあるの?」

イミダペプチドの効果・効能「どんな良いことがあるの?」

イミダペプチドには疲労回復効果や自律神経中枢細胞を錆びさせない効果・効能があるといわれています。

 

イミダペプチド 錆び

 

イミダペプチドはその動物の一番負荷のかかる部分に多く存在しています。

 

ヒトで言うと最も酸素消費量の多い『脳』に多く含まれているといわれています。

 

負荷がかかれば大量の酸素が必要となり、その結果身体を錆びさせれてしまう『活性酸素』が発生します。

 

 

この活性酸素が脳の神経細胞を傷つけて細胞の機能を低下させるといわれています。

 

イミダペプチドは摂取するとダイレクト(ヒトで言えば脳など)に働きかけるといわれていますのでそのような機能低下を防いでくれることが期待できます。

イミダペプチドの効果・効能を簡単にいいますと、根本的に疲れにくいからだにして疲労回復を助けるということです。

 

実際に実験を行い、医学的に認められたデータもあります。

 

 

厚生労働省が調査した結果、日本人の約6割の人が疲労に悩みを抱えているそうです。

 

さらに疲労を感じている半数近くの人が慢性的な疲労に悩まされています。

 

慢性的な疲労が続くと、日常生活や仕事などにも大きく影響してくる可能性もあります。

 

 

ちなみに仕事などが楽しくやりがいがあり、長い時間ハードに働いていたとしてストレスや疲労をそこまで感じなかったとしても、脳が楽しさでマイナスを抑えこんでしまっているだけで見えないストレスや疲労が蓄積されている人もたくさんいるといわれています。

 

そのような人は要注意で疲労がたまっていることに気づかずに健康を損ねてしまう場合もあります。

 

自分が疲労を感じていなくてもそういうケースの人もいますので深刻ですね。

 

 

それに人それぞれに違う悩み(肩こりや腰痛、視力の低下等など)は疲労が原因で起きている場合も多いです。

 

そんな厄介な疲労に効果が期待できるイミダペプチドは現代を生きるすべての人に価値のある存在だと思います。