イミダペプチド成分「食品で多く含まれているものは?」

イミダペプチド成分「食品で多く含まれているものは?」

イミダペプチド成分にはカルノシンとアンセリンがあり、どちらも抗酸化作用やph緩衝作用を持っています。

 

イミダペプチドは身体を疲れにくくして疲労回復を助ける効果が認められている成分なのです。

 

では、どんな食品にこのイミダペプチドは多く含まれているのでしょうか?

まず代表的なものが鳥の胸肉です。

 

渡り鳥の1種には数千キロを一度も陸に降りず飛び続けると言われていますが、その翼を動かし続ける胸の筋肉にこのイミダペプチドは豊富に含まれています。

 

イミダペプチド 渡り鳥

 

また鳥の胸肉のほかに、牛のモモ肉、マグロやカツオの赤身など主に動物の筋肉に多く含まれています。

 

 

ですのでイミダペプチドを多く含む食材を使用し、疲労回復を助ける食事を心がけるというのも良いと思います。

 

ただ、このイミダペプチドは基本的に毎朝摂るのが良いとされていますので朝食に肉を食べないという方や、そもそもあまり肉を食べないという方も多いと思います。

 

 

そういう方にこそ日本予防医薬のイミダペプチドは助けになると思います。

 

このイミダペプチドはドリンクタイプもソフトカプセルのサプリメントタイプも、鶏胸肉から高濃度抽出されたイミダペプチド成分が200mg配合されています。

 

研究結果によるとイミダペプチドは200mgを毎日摂取することにより疲労などに大変効果があるといわれています。

 

 

料理をするよりはとても簡単にイミダペプチドを摂取する事ができますが、私もそうなのですがネックは値段なんですよね。。

 

しかしお金よりも自身の疲労をとりあえず何とかしたいという方にとってイミダペプチドはとても大きな力になってくれると思いますよ!